風害のリスク対策に役立つ雨漏り調査

雨漏りと風害の関係~リスクヘッジはプロの雨漏り調査~

災害後は念のために雨漏り調査を行ないましょう

外観

災害は時に大きな力によって家や家財道具を傷つけてしまうこともあります。そのため、災害があった後はしっかり雨漏り調査をして風害対策も施しておきましょう。

風害後に確認しておきたい雨漏りチェック

室内
知らず知らずのうちに建物が風害の影響を受けているというケースは非常に多いです。天井や壁にシミなどが発生していたり、壁紙が波打っていたりする場合には雨漏りが始まっている可能があるのですぐに修理をしましょう。
屋根
屋根は風などによって飛散物がぶつかったりするため、屋根の瓦などが損傷しているケースも多くあります。屋根材がヒビ割れたり、棟板金が浮いたり、漆喰のひび割れが雨漏りにつながることもあるため、異常がないか確認しましょう。
外壁
壁紙にシミができている場合は、外壁部分から雨漏りが進行していると考えられます。塗装やシーリング材が劣化していたり、飛散物が衝突して損傷していたりすると雨漏りの原因になります。屋根以外でも工事が必要になることをおさえておきましょう。

素人では雨漏り調査は困難~プロに依頼する~

自宅に雨漏りが発生した場合、まずは自分で原因を探ろうとする方もいらっしゃるでしょう。しかし、実は雨漏りの原因を見つけるには家の内部までくまなくしっかりと確認する必要があるため、素人が原因を特定することは難しいといわれています。確実に雨漏りを修理するためにも、経験豊富な専門の業者に雨漏り調査を依頼してしっかり原因を特定してもらいましょう。

風害によって破損しやすい箇所

風害によって破損する可能性が高い箇所があるのでご紹介します。風害に遭遇した際には参考にしてみましょう。

破損しやすい箇所を見る

スレート材
スレート材は、温度の変化によって伸び縮みを繰り返します。それによって徐々に劣化をしていきますが、振動が加わったりすると浮いたりずれたりなどの問題が起こり、その隙間から雨水の侵入を許します。さらに浮いた状態で強風の影響を受けることでスレート材が破損してしまい、そこから雨漏りが発生することもあります。
瓦は振動などが加わることによって、少しずつずれたり浮いたりしてきてしまいます。それによって雨漏りの侵入を許しやすい状態になってしまうこともあります。また、棟瓦の土台にもなっている漆喰が劣化して崩れてしまうことがあり、より瓦の破損を起こしやすい状態を作り出してしまうので注意が必要です。瓦のずれは台風などの風害によって起こることもあるので気をつけるようにしましょう。
金属
金属の場合は、棟板金を設置することで屋根材を留めているというつくりですが、時間が経過してしまうと剥がれたり浮いたりなどしてしまいます。その不安定な状態で強風の影響を受けると金属材自体の破損につながります。また、金属材は劣化によって錆びます。それが進行すると穴が空いてしまい雨漏りにつながってしまうこともあります。
TOPボタン
風害による雨漏りの被害は雨漏り調査でリスクヘッジ