雨漏りを放置しておくことによる被害と影響

雨漏りと風害の関係~リスクヘッジはプロの雨漏り調査~

雨漏りを放っておくことによって起こるリスクとは

傘

雨漏りを放っておくことは非常に危険です。放置しておくと発生してしまうリスクについてご紹介します。

雨漏りの被害

家財への影響
雨漏りが進行して室内にぽたぽたと垂れてくる場合、壁紙だけではなく家具まで濡れてしまうことになります。雨漏りによる水は、塵や埃なども含んでおり非常に不衛生です。そんな水が家具などに掛かってしまうというのは気持ち的にも良いものではありませんし、あまりにも雨漏りがひどい場合家具の買い替えなどの事態に発展することもあるので気をつけましょう。
身体への影響
雨漏りが与える影響は、建物や家具などだけではなくその家に住んでいる人の身体にも影響を与えます。雨水が家の中に侵入すると湿気が多く発生するのでカビが発生しやすくなります。カビ自体が感染症やアレルギーのきっかけになるだけでなく、シックハウス症候群を引き起こす可能性もあるのです。家族の健康のためにも雨漏りの対処を行いましょう。
漏電
漏電は、雨漏りを放置して起こる被害のなかでも非常に危険なものです。家の中に雨水が入り込み、電化製品などを濡らしてしまうと漏電を引き起こしてしまうことがあります。その状態では室内の人に感電してしまうという危険性もあるため、雨水が室内に侵入した際には漏電に十分注意しましょう。また、自動的に電気を落としてくれる漏電ブレーカーがないご家庭は導入も検討しましょう。

特に懸念される「シロアリ被害」

雨漏りによって室内に湿気が多い状態になると、ほかにも問題が発生することがあります。それがシロアリによる被害です。シロアリは湿気の多いところを好むため、雨漏りが起きている住宅は恰好の住処となります。そうした住宅では、シロアリによって建物が深刻な被害を受けている場合もあります。建物が脆くなると地震や風害などで受けるダメージも大きくなり倒壊する危険も高くなるため、雨漏り対策はしっかりと行うようにしましょう。

TOPボタン
雨漏りによるリスク|風害による雨漏りの被害は雨漏り調査でリスクヘッジ